帰化申請 大阪 韓国人

帰化申請 大阪
帰化申請


帰化とは


帰化するための条件


帰化申請のポイント


帰化申請の書類


帰化後の手続き


特別永住者の帰化申請


韓国人の帰化申請


中国人の帰化申請


帰化Q&A


韓国の戸籍制度

帰化申請


ご依頼の流れ


依頼するメリット


料金表


当社について


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 韓国人の帰化申請
韓国人の方の帰化申請
■身分関係の証明書の取得について

韓国人の方が帰化申請をする場合にポイントとなるのが、身分関係の証明書の準備です。

平成20年の韓国戸籍制度改革により、帰化申請時に用意する証明書が複雑になりました。

帰化申請をされる韓国人の方は、身分関係の証明書として下記の登録事項別証明書を準備する必要があります。

@家族関係証明書

A基本証明書

B婚姻関係証明書

C入養関係証明書

D親養子入養関係証明書

養子の関係にない方ですと通常は@〜Bを準備します。両親の分の@Bも用意する必要があるため用意する証明書はとても多くなります。
また各証明書の翻訳も必要です。

■韓国戸籍謄本(除籍謄本)も大半の場合が必要

帰化申請にあたり、上記の登録事項別証明書の他に、登録事項別証明書に正しく記載されていないことを理由として、韓国除籍謄本を法務局から求められるケースが大半です。
日本国内の韓国領事館での取得や直接韓国の役所へ問合せして取得します。

■戸籍謄本が見つからない場合

戸籍謄本を取得していく場合に、戸籍謄本が見つからないということがあります。
このような場合は、民団など依頼して調査してもらうことも可能ですし、直接韓国の役所へ問合せしたりする方法があります。

韓国の役所でも見つからない場合は、役所から回答書が届きますので、それを日本語訳して法務局へ提出します。

帰化申請 大阪